インタレスト・カバレッジ・レシオ

英語名: Interest coverage ratio
分類: 財務分析

インタレスト・カバレッジ・レシオは、会社の借入金等の利息の支払能力を測るための財務指標で、金融費用に対する事業利益の比率(倍率)をいいます。これは、企業の信用力(安全性)を評価するための指標の一つで、年間の事業利益(営業利益と受取利息・受取配当金の合計)が金融費用(支払利息・割引料)の何倍であるかを示し、金融機関が融資を行う際や企業格付会社が社債等の格付けを行う際などに重視されます。

一般にインタレスト・カバレッジ・レシオは、損益計算書(P/L)から簡単に計算することができ、通常、その倍率が高いほど、有利子負債の返済の安全度が高いと言え、会社の金利負担能力が高い(財務的に余裕がある)ことを示しています。一方で、その倍率が1に近づくほど、金利の負担が重いことを示し、また1を切っている場合には、本業の利益では、借入金や社債などの利息を賄えないことを示すので注意が必要です。

なお、新興企業やベンチャー企業など急速に成長している会社では、借入を増やしてでも事業を拡大することが望ましい場合もあるため、会社の成長ステージやポテンシャルなども考慮する必要があります。

インタレスト・カバレッジ・レシオ(倍)
=事業利益(営業利益+受取利息・配当金)÷金融費用(支払利息・割引料)

※分子は、事業利益以外に、「営業利益+減価償却費」や「EBIT(営業利益+投融資収益)」などが用いられることもある。