総資本回転率

読み方: そうしほんかいてんりつ
分類: 財務・会計|財務分析

総資本回転率は、「総資産回転率」とも呼ばれ、各事業年度(一年間)において、企業が総資本をどれだけ効率よく使って、売上を上げているかを見る数値のことをいいます。これは、売上高と資本の関係に着目した財務指標で、具体的には、売上高を総資本で割って回転率が求められます。通常、事業に投資した資本は売上によって回収されるため、その回転率が大きいほど資本が効率よく活用され、少ない資本(元手)で大きな売上高を達成していることになります。

一般に総資本回転率を向上させるためには、現在の総資本を増やさずに効果的な販売戦略等によって売上高を増加させるか、または、現在の売上高を維持しながら、不要な資本を処分あるいは圧縮して総資本を減少させる必要があります。

・総資本回転率=売上高÷総資本