楽天キャッシュ

楽天キャッシュとは、楽天グループの楽天Edy株式会社が提供する、オンライン電子マネーをいいます。これは、楽天市場や楽天トラベル、楽天ラクマなどのインターネットサービスと、楽天ペイや楽天Edyなどで支払いに利用できるものとなっています。

目次:コンテンツ構成

楽天キャッシュの概要

楽天キャッシュは、楽天グループのオンライン電子マネーで、楽天市場や楽天トラベル、楽天ラクマなどのインターネットサービスと、楽天ペイや楽天Edyなどで支払いに利用できるものです。

現在、楽天グループのユーザIDを持っていれば、誰でも利用できるようになっています。また、利用にあたっては、予め残高をチャージしておく必要があります。

◎楽天グループの決済サービスの中核に位置付けられている。

◎楽天ポイントと共に、楽天グループのサービスをつなぐ役割も果たしている。

楽天キャッシュ

楽天キャッシュの利用サービス

楽天キャッシュは、楽天グループのオンライン電子マネーで、現在、以下のようなサービスで利用できるようになっています。

◎楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルなどのサイトでは、代金の支払いに楽天キャッシュを利用できる。

◎QRコード決済の楽天ペイでは、支払元に楽天キャッシュを設定することで、街中の楽天ペイ加盟店で利用できる。

◎電子マネーの楽天Edyでは、相互の互換性により、楽天キャッシュを楽天Edyにチャージして、街中の楽天Edy加盟店で利用できる。

◎フリマの楽天ラクマでは、支払いに楽天キャッシュを利用できるほか、受け取った代金を楽天キャッシュにチャージできる。

楽天キャッシュと他の決済サービスの違い

楽天キャッシュで一番分かりずらいのは、楽天キャッシュが、楽天ペイ、楽天Edy、楽天ポイントなど、他の類似した決済サービスと、どこが違うのかということではないでしょうか?

楽天ペイは、「QRコード決済」という決済サービスなのに対して、楽天キャッシュは、楽天ペイでは、オンライン電子マネーの形態で支払元になっている。

楽天Edyは、実店舗で使うオフライン電子マネーなのに対して、楽天キャッシュは、ネットで使うオンライン電子マネーである。かつては、楽天Edyと楽天キャッシュには互換性がなかったが、2023年4月からは、相互の互換性により、チャージして使えるようになっている。

◎楽天ポイントは、楽天グループの共通ポイントなのに対して、楽天キャッシュは、楽天グループの中核的な決済サービスとなっている。また、楽天ポイントと楽天キャッシュを組み合わせて、様々な支払いに利用できるようになっている。

楽天キャッシュの主な機能

楽天キャッシュの主な機能には、チャージ、支払う、送る・受け取る、ポイント払い瞬間チャージ、残高出金といったものがあります。

チャージする機能

現在、オンライン電子マネーの楽天キャッシュにチャージするには、楽天ペイアプリ、楽天ラクマアプリ、楽天ウォレットの3つがあります。

◎楽天ペイアプリでは、楽天カードからのチャージ、楽天銀行からのチャージ、セブン銀行ATMからのチャージができるようになっている。

◎楽天ラクマアプリでは、フリマの売上金からチャージができるようになっている。

◎楽天ウォレットでは、暗号資産からチャージができるようになっている。

※1カ月のチャージ上限は、50万円まで。

支払うの機能

楽天キャッシュは、オンライン電子マネーで、現在、インターネット上では、楽天市場や楽天トラベルなどのサイトで支払いに利用できます。また、スマートフォンに楽天ペイアプリを入れて、支払元に楽天キャッシュを設定すると、街中の楽天ペイ加盟店で支払い(QRコード決済)に利用できます。

さらに、楽天キャッシュと楽天Edyの互換性により、スマートフォンに楽天Edyを設定すれば、街中の楽天Edy加盟店で支払い(電子マネー決済)に利用できます。

送る・受け取るの機能

楽天キャッシュは、スマートフォンに楽天ペイアプリを入れて、支払元に楽天キャッシュを設定すると、楽天会員の間において、楽天ペイアプリで、楽天キャッシュを送ったり、受け取ったりすることが無料でできます。

ポイント払い瞬間チャージ機能

ポイント払い瞬間チャージは、楽天ペイアプリなどの楽天ポイントカード機能から支払う際に利用できる自動チャージ機能です。

具体的には、「ポイント払い 瞬間チャージ」を設定しておくことで、楽天ポイントや楽天キャッシュの残高が不足の際に、事前に設定していた金額が楽天キャッシュにチャージされ、スムーズに支払いができるようになっています。

残高を出金する機能

楽天キャッシュには、基本型とプレミアム型の二つがあり、この二つの違いは、出金機能だけです。楽天キャッシュのプレミアム型では、保有する楽天キャッシュの残高を事前に登録した銀行口座に出金することができます。

※プレミアム型では、所定の手続きで、本人確認が必要。

楽天キャッシュの主なメリット

楽天キャッシュの主なメリットとして、以下が挙げられます。

◎オンライン電子マネーの楽天キャッシュは、ネット支払い、楽天ペイ、楽天Edyなど、楽天グループの様々なサービスと連携した利便性がある。

◎楽天キャッシュを使うと、楽天ポイントにおいて、最大1.5%の還元を受けられる。

◎楽天会員同士であれば、割り勘や立て替えの時などに、楽天キャッシュを手数料無料でリアルタイムに送付ができる(一度に送付できる限度額は10万円、1カ月の送付限度額は100万円)。

楽天キャッシュの主な注意点

楽天キャッシュを利用する際の主な注意点として、以下が挙げられます。

◎楽天キャッシュの有効期限は10年間となっている。具体的には、10年間、チャージ、使用、送付・受取、出金のいずれの利用もない場合、失効する。

◎楽天キャッシュの残高の確認方法が複数ある。具体的には、楽天キャッシュのログインしたページ、楽天ペイアプリや楽天ポイントカードアプリなどの画面、楽天市場等の代金の決済画面などで確認できるようになっている。

◎楽天キャッシュの位置づけをよく理解することが必要である。具体的には、楽天キャッシュはオンライン電子マネー、楽天Edyはオフライン電子マネーで相互に互換性がある。また、QRコード決済の楽天ぺいでは、楽天キャッシュは支払元になる。

ブランドカテゴリー

YouTube事典

iFinancial TV