累進税

【読み方:るいしんぜい、分類:税分類】

累進税は、税の概念の一つで、課税標準の増加に伴って、高い税率が適用される税をいいます。

社会的に所得再分配の効果を持つとされるもので、現在、日本においては、課税標準をいくつかの区分に分けて段階的に高い税率を課す「超過累進税」が、所得税や相続税、贈与税などに採用されています。

一方で、累進税に対して、課税標準の増加に伴って、税率が次第に低くなる税を「逆進税」、また課税標準の大小に関わりなく、同じ税率で課税する税を「比例税」と言います。

金融知識ガイド

税金用語集