従価税

【読み方:じゅうかぜい、分類:税分類】

従価税は、課税物件の価格を課税標準とする税金をいいます。

課税対象が物等である場合、それに対する課税の基準による分類の一つで、具体的には、課税物件たる物等(物・財・サービス)の取引価格を基準にして税率が定められる租税(租税徴収方式)を指し、現在、日本においては、消費税関税の大部分で採用されています。

一方で、従価税に対して、課税物件の数量を課税標準とする税金を「従量税」と言います。

※課税物件:課税要件の一つで、課税の対象とされる物や行為、その他の事実のこと。

金融知識ガイド

税金用語集