流通税

【読み方:りゅうつうぜい、分類:税分類】

流通税は、課税対象による税の分類の一つで、財産や権利などの取得・移転に対して課せられる租税をいいます。

個人や法人がその行為によって財産や権利などの取得・移転を生じつつある事実を捉えて課する税で、流通経済の発達に伴い、「収得税」と「消費税」のいずれにも属さない分類として現れたものです(この形態の税の多くは、手数料から発展)。

現在、日本においては、流通税として、自動車重量税登録免許税不動産取得税印紙税とん税、特別とん税などがあります。

※とん税:外国貿易船が入港する際に、その船の純トン数に応じて課する税金。

金融知識ガイド

税金用語集