振替/振り替え

読み方: ふりかえ
分類: 預金|取引

振替(振り替え)は、銀行信用金庫信用組合労働金庫、JA(農協)などの金融機関で、同一店舗内の同一名義(本人)の口座間(普通預金口座、貯蓄預金口座、定期預金口座、外貨預金口座などの2つの口座間)で資金を移動させることをいいます。これは、銀行取引で最も基本的なサービスの一つで、店頭窓口やATMテレホンバンキングネットバンキングモバイルバンキングなどで無料で行うことができます。

また、「振替」という言葉は、証券会社でも使われることがあります。この場合は、証券会社によっても異なりますが、例えば、信用取引で「預り金」と「保証金」、先物・オプション取引で「預り金」と「保証金」、外国為替証拠金取引CFD取引で「MRFまたは預り金」と「保証金」など、本人の口座間や口座内で資金を移動させることをいいます。

振替と振込の違い

振替は「同一店舗内の本人の口座間で資金を移動させること」をいうのに対して、振込は「金融機関に開設された預貯金口座宛てに資金を払い込むこと」をいいます。

振替と口座振替の違い

口座振替は、通常の振替とは全く異なるサービスです。これは、金融機関の預貯金口座から、毎月の公共料金クレジットカードなどの支払いを自動引落しするサービスをいいます。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。