買いオペレーション(買いオペ)

読み方: かいおぺれーしょん
英語名: Buying operation
分類: マーケット|金融調整

買いオペは、「買いオペレーション」の略で、国の中央銀行がマーケット(市場)から債券CP・手形などの有価証券を購入することにより、市場の通貨量を増加させることをいいます。これは、通貨の市場流通量を調整する「公開市場操作(オープン・マーケット・オペレーション)」の手法の一つで、日本では日本銀行が実施します。

一般に買いオペは、市場の通貨量を増加させることで市中にお金が出まわることになるので、金融を緩和し、金利を引き下げる効果があり、通常、市場に資金が不足ぎみの時や、金融機関の調達支援、景気の浮揚などを目的に行われることが多いです。なお、買いオペに対して、市場で債券・CP・手形などの有価証券を売り、市場の貨幣供給量を減らすことを「売りオペ」と言います。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

IG証券は、ロンドンに本拠地を構える、グローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。