コマーシャルペーパー

読み方: こまーしゃるぺーぱー
英語名: Commercial Paper
分類: マーケット|短期金融市場

コマーシャルペーパーは、「CP」とも呼ばれ、企業が短期資金の調達を目的に、マーケット(オープン市場)で割引形式で発行する無担保の約束手形のことをいいます。これは、企業が直接金融で資金を調達するという点では社債と類似していますが、社債の償還期間が通常1年以上なのに対して、コマーシャルペーパーの償還期間は通常1年未満で、特に1カ月ものや3カ月ものが多いです。また、その金利水準は、企業の信用力を反映して決まるため、通常は短期プライムレートより低いコストで資金を調達できることが多いです。

1920年代に米国でコマーシャルペーパーが誕生し、1980年代にはユーロ市場などでも発達し、1987年に日本でも発行が認められました。当初は、発行企業や発行形態、発行期間、発行額などの多くの規制がありましたが、その後、規制の撤廃が順次行われ、1998年には銀行等にも発行が解禁され、また発行期間や発行額などの自由化も進み、発行体にとって利便性が大きく向上しました。さらに、2002年にはペーパーレス化や電子化を実現する法律が施行され、今日では電子コマーシャルペーパーが主流となっています。

コマーシャルペーパーの分類

・ディーラーペーパー:発行取扱業者を通じて発行されるもの
・ダイレクトペーパー:企業が投資家に直接販売するもの

コマーシャルペーパーの発行形態

・幅広い投資家層を対象とする「公募」
・適格機関投資家のみを対象とする「プロ私募」
・1回当たりの発行枚数が50枚未満である「少人数私募」

コマーシャルペーパーの主な特徴

・金融商品取引法上の有価証券
・企業が短期資金を調達する目的で発行
・無担保の割引方式で発行
・発行体は優良企業(大企業、中堅企業等)に限られる
譲渡性預金と並んで、短期金融市場(オープン市場)の中核商品
・発行の取扱いは、金融機関や証券会社が行う
・流通の取扱いは、金融機関や証券会社、短資会社が行う
・販売対象先は、主に機関投資家に限定される
日本銀行が行う公開市場操作の対象となることもある

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

IG証券は、ロンドンに本拠地を構える、グローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。