短期プライムレート

読み方: たんきぷらいむれーと
英語名: Short-term prime rate
分類: 金融業務|金利

短期プライムレートは、「短プラ」とも呼ばれ、金融機関が優良企業向け(業績が良い、財務状況が良いなど、融資する上で問題がない企業)に対して、短期(1年以内の期間)で貸し出す時に適用する最優遇貸出金利(プライムレート)のことをいいます。これは、かつて(昔)は、各銀行が公定歩合に連動した金利をもとに信用リスクの大きさに応じて上乗せ金利を付加する金利決定方式でしたが、1989年以降は、公定歩合ではなく、市中金利に連動する総合的な調達コスト等をベースとした金利決定方式となっています。そのため、本レートのことを、昔の短期プライムレートと区別して「新短期プライムレート(新短プラ)」と呼ぶこともあります。(市中金利は、日銀の政策金利に影響される)

一般に短期プライムレートは、全国的にはメガバンク都市銀行)のレートが一つの基準となり、各都道府県においては有力地銀のレートが一つの基準となります。また、各企業への短期の貸出金利(融資金利)については、本レートをもとに信用リスク等の大きさに応じて上乗せ金利を付加して決定されるほか、個人向けの変動金利型の住宅ローン教育ローンなどの貸出金利も、本レートを基準(指標)に半年毎に利率の見直しが行われます(店頭金利は短プラに1%上乗せした水準)。なお、中小企業向けは、短期プライムレート連動の貸出が多いですが、大企業向けの場合、市中金利に利鞘を上乗せした「スプレッド貸し」が主流であり、その金利は短期プライムレートより低い場合もあり、短期プライムレートが常に「最優遇」とは限らないのが現状です。

ちなみに、短期プライムレートのヒストリカルデータは、日本銀行のウェブサイトにおいて、時系列データ(預金・貸出関連統計)の中の「長・短期プライムレート(主要行)」で見ることができます。