品受け

読み方: しなうけ
分類: 取引・決済

品受けは、「現引き」とも呼ばれ、信用取引商品先物取引などの決済方法の一つで、買い建てたを決済する時に、買い付けた代金を渡して、現物を受け取ることをいいます。

信用取引では、「信用買い」において、買い建てた銘柄の代金等を支払って、株式を受取って決済することであり、一方で商品先物取引では、個人の場合、全ての銘柄ではなく、主に金(ゴールド)に対して現物を受け取る際に利用します。

一般に信用取引や商品先物取引などで買い建てた時には、反対売買(売却)をして差額の受渡しによって決済する方法と、買付代金や金利等の金銭を支払って現物を受け取って決済する方法があり、「品受け」は後者の方法を言います。ただし、大半は、反対売買で決済します。