ポジション

英語名: Position
分類: 運用ポジション

ポジションは、日常的には、位置や地位などのことをいいます。これは、マーケット取引では、投資家やディーラーなどが、どのような「買い建て(買い越し)」または「売り建て(売り越し)」を行っているかという持ち高状況のことを指します。

通常、マーケット取引を行う際には、どのような銘柄で、どれくらいの数量の「買い」または「売り」の持ち高を作って、どのようにリスク管理をしていくかが損益を決める大きなカギとなり、また対象となる取引には、外国為替取引信用取引先物取引オプション取引などがあります。

一般に投資においては、「安く買って、後で高く売る」または「高く売っておいて、後から安く買い戻す」が基本であり、投資のプロは、日々のポジションを作るタイミングや、作ったポジションに対する利食い損切りのポイントなどを明確にするために、最新の情報収集を行うと共に、テクニカル分析なども効果的に活用しています。

ポジションの3つの状態

ポジションには、買いポジション、売りポジション、スクエアの3つの状態があります。

・買い越し状態:買いポジションロングポジション
・売り越し状態:売りポジションショートポジション
・ポジションを取っていない状態:スクエア

ポジションの取引用語

マーケット取引では、ポジションに関して、以下のような用語(言い回し)が使われます。

・ポジションメイク:新規に売りまたは買いの持ち高を作ること
ポジショントーク:自分のポジションにとって有利な発言をすること
・ポジションを取る(建てる):新しく売り買いをすること
・ポジションを膨らませる(減らす):持ち高を増やすこと(減らすこと)