アンダーウェイト

英語名: Under weight
分類: 運用管理

アンダーウェイトは、投資(運用)において資産配分を決定する際に、ある投資対象の資産配分の比率を、基準(ベンチマーク)となる資産配分の比率より少なく(低く)することをいいます。また、運用時の資産配分については、「オーバーウエイト(基準より高くする)」、「ニュートラル(基準と同程度にする)」、「アンダーウエイト(基準より低くする)」の3つがあります。

資産運用のアンダーウェイト

アンダーウェイトは、投資信託や年金においては、運用のベンチマークを設定している場合に、投資対象としての魅力が低いと判断した資産や業種の投資比率(配分比率)を、ベンチマークとする指数の配分比率に比べて少なくすることを指します。

また、株式や債券などのグルーバル投資においては、北米や南米、ヨーロッパ、アジア、オセアニア、アフリカなどの地域や国で、経済の成長性が低かったり、投資対象としての魅力が低かったりする場合に、その地域や国の構成割合を低くすることを指します。

一般に資産配分の比率については、マーケット動向や運用成績などによって、その時々で変わりますが、実際の運用では、割高のものをアンダーウェイトに(比率を低く)し、割安のものをオーバーウェイトに(比率を高く)することが多いです。

投資判断のアンダーウェイト

アンダーウェイトは、証券会社等の株式や債券などのアナリストレポートにおいて「投資判断」として目にすることもあります。

この場合、特定の銘柄セクターパフォーマンスについて、「アンダーウェイト」から「ニュートラル(イコールウェイト)」に引き上げや、「イコールウェイト」から「アンダーウェイト」に引き下げというように使われます。また、この際に株式の個別銘柄では、目標株価が示されることもあります。