日経通貨インデックス

読み方: にっけいつうかいんでっくす
分類: 通貨指数

日経通貨インデックスは、日本経済新聞社が算出・公表する、各国通貨の総合的な価値を示すインデックス(各国の通貨の他の通貨に対する価値を総合的に知ることができる指数)をいいます。これは、各国の貿易額に応じて、為替レート加重平均した実効レート指標であり、日本銀行が公表している実効為替レートに近い指標となっています。具体的には、25カ国の通貨を選び、通貨ごとにクロスレートを算出し、国別の貿易額(輸出入額)の構成比で加重平均して算出しており、ある通貨がその他の通貨に対して強くなるほど、数値が大きくなる仕組みとなっています。

現在、日経通貨インデックスは、日本経済新聞の朝刊(マーケット欄)に、日本円米ドルユーロについて、2015年平均を100として指数化した数値が掲載されています(基準年は定期的に見直し)。また、同社のウェブサイトの「経済指標ダッシュボード」の中には、グラフが掲載されています。実際、これらを見ると、ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルなどの為替レートだけでは分からない、その通貨の強さをおおよそ知ることができます。(特に為替相場の動向を把握する際に、日本円・米ドル・ユーロのどれが強くて、どれが弱いのかが数値で客観的に分かるので便利)