都市銀行(都銀)

読み方: としぎんこう
分類: 金融業務|金融機関

都市銀行は、「都銀」とも呼ばれ、東京や大阪などの大都市に本店を構え、日本全国の主要都市(各都道府県の県庁所在地等)に支店網を持つ、大規模な普通銀行のことをいいます。これは、日本の近代以降、数多く存在した銀行の中でも中核的な存在となってきた銀行であり、その母体は旧財閥系銀行(三井、三菱、住友、富士、第一、大和)や旧特殊系銀行(日本勧業、北海道拓殖、東京)、旧大手地方銀行(三和、東海、神戸、埼玉、協和、太陽)などが統合されて発展してきました。また、歴史的に預金量や貸出量が大きく、大企業や上場企業との取引が多く、国際展開も積極的に行っているのが特色となっています。

一般に都市銀行は、法律上において、地方銀行第二地方銀行と同じ普通銀行であり、その種類を規定する法律等は特になく、その定義は曖昧となっています。そういった中で、金融行政の統計資料等においては、都市銀行を「普通銀行の中で本庁(金融庁)直轄銀行」と同義で表現しており、現在、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行がこれに該当します。また、都市銀行は、全国銀行協会には加盟していますが、地方銀行や第二地方銀行のような固有の協会はなく、その代わりに非公式なものとして「都銀懇話会」などがあります。

なお、複数の都市銀行等が合併などをすることによって、巨大な資産や収益規模を持つ、巨大な組織へと変貌した銀行および銀行グループのことを「メガバンク」と言います。