劣後ローン

読み方: れつごろーん
英語名: Subordinated Loan
分類: 融資

劣後ローンは、返済順位が他の債権より低い、無担保の貸出債権のことをいいます。これは、借り手(債務者)の企業や金融機関などが経営破綻または解散した際に、元利金の返済が他の債務よりも後になる金銭消費貸借であり、また株式(無議決権優先株)に近い性質があるため、債務者にとっては自己資本に近い性格を持ちます。一方で、債権者にとっては、返済順位が通常の債権より低く、万が一の時に回収できないリスクが大きい反面、金利は通常の債権より高めに設定してあります。

日本においては、1990年頃から解禁され、銀行や保険会社、証券会社などでは自己資本規制比率上の自己資本の一部とみなされることから、バブル崩壊後の金融危機や経営難の際には、多くの金融機関で劣後ローンが用いられました。(銀行への公的資金投入の際にも、一部、劣後ローンの方式で資本注入が行われた)