不胎化介入

読み方: ふたいかかいにゅう
英語名: Sterilized intervention
分類: 為替介入

不胎化介入は、外国為替市場(マーケット)への介入で生じたマネタリーベースの変化を、国債などの売買で相殺する為替介入のことをいいます。これは、為替介入に際してマーケットでの外貨売買の結果、自国通貨の量が増減する場合に、自国通貨の増減を相殺するような金融調節を実施することにより、介入後も通貨量が変化しないようにする介入手法を指します。

一般に日銀が円高是正を目的にマーケットで円売り・ドル買い介入を実施すると、介入対象となった金融機関はドル資金と交換に円資金を手にすることになります。この場合、介入の有無によって大量の円資金がマーケットに出回ったり、出回らなかったりすると、市場金利を乱高下させる波乱要因となります。そのため、日銀が介入と共に、マーケットの円資金を公開市場操作で吸収(国債等を市場で売って介入額と同額の円資金を市場から吸収)することで、自国通貨の需給を調節し、市場金利などへ影響を及ぼさないようにするのが狙いとなっています。

ちなみに、「不胎化」という名称は、金融政策を歪める可能性のある「種」を取り除くという意味に由来し、また本用語(不胎化)は、主として金融・経済分野の専門用語として使われています。