TTM

読み方: てぃーてぃーえむ
英語名: Telegraphic Transfer Middle Rate
分類: 為替相場

TTMは、"Telegraphic Transfer Middle Rate"の略で、日本語では「公表仲値」や「電信仲値相場」、単に「仲値」とも呼ばれ、顧客が銀行等の金融機関で外国通貨(外貨)を売買する際の基準レートのことをいいます。これは、金融機関の毎営業日の午前10時頃に発表されるもので、外国為替市場(インターバンク市場)の取引実勢レートを基準(参考)にして金融機関毎に決定されます。また、本レートは、その後、余程大きな為替変動がない限り、その日一日の間、適用されることになります。(大きな為替変動があった場合には、適宜変更が行われる)

一般にTTMは、対顧客向けの為替レートである「TTS(電信売相場)」と「TTB(電信買相場)」の中間値(平均値)であり、またTTSは、顧客が円貨外貨に換える場合に適用されるレートであるのに対して、TTBは、顧客が外貨を円貨に換える場合に適用されるレートになっています。

・TTM=(TTS+TTB)/2
・TTS=TTM+為替コスト
・TTB=TTM-為替コスト