iFinancial TV(金融動画)>> YouTubeでチャンネル登録!

アローワンス

英語: Allowance
分類: 商慣行

アローワンス(Allowance)は、英語では、割当量、許容、余裕、手当、小遣い、値引き、割引、引当金といった意味があります。これは、米国の商取引(ビジネス)に由来する用語で、簡単に言えば、メーカー等が商品を販売してもらうために、取引先に支払う協賛金のことをいいます。

目次:コンテンツ構成

アローワンスの種類

商品を販売してもらうことを目的としたアローワンスには、いくつかの種類(名目)があります。

具体的には、広告掲載に対して支払われる「広告アローワンス」、キャンペーン等の協力に対して支払われる「販売促進アローワンス」、指定の陳列をしたことに対して支払われる「陳列アローワンス」、契約時の契約量をもとに支払われる「契約アローワンス」などがあります。

また、その他に、アローワンスの費用が結構かさむため、成果を挙げた場合のみ支払われるタイプもあります。

アローワンスとリベートの違い

アローワンスは、米国の商取引用語に由来し、日本で慣習的なリベートとは大きく異なります(米国にはリベートというものはない)。

両者の大きな違いは、アローワンスが商品を販売してもらうために支払うのに対して、リベートは商品を取り扱ってもらったことに対して支払います。また、アローワンスがどのような取引先に対しても共通の支払基準でオープンに支払われるのに対して、リベートは明確な支払基準がなく、取引先に応じて設定され、また支払いについてもオープンにされていません。