配当利回り

読み方: はいとうりまわり
英語名: Dividend yield
分類: 財務分析

配当利回りは、株価に対する年間配当金の割合を示したものをいいます。これは、1株当たりの年間配当金を株価で割って算出され、株式投資において「インカムゲイン」に注目した投資指標となっています。例えば、現在の株価が1,000円で、配当金(予想値)が年25円である場合、配当利回りは2.5%となります。

一般に配当利回りの活用方法としては、個別銘柄の配当利回りから株価のバリュエーション(割安度)を測定したり、株式市場全体の配当利回りと長期金利(市場金利)を比較して、株価水準の妥当性を測ったりします。

・配当利回り(%)=(1株当たり年間配当金÷株価)×100

実績配当利回りと予想配当利回り

配当利回りは、債券の利回りの考え方を応用した、株価に対する配当金額の割合を示す指標ですが、これには、配当金の実績値で計算する「実績配当利回り」と、配当金の会社予想値で計算する「予想配当利回り」の二つがあります。

通常、株式投資では「予想配当利回り」に注目しますが、一方で企業は業績次第で、配当予想を下方修正したり、上方修正したりする場合があるので、期末まで「会社予想値(予想年間配当金)」が一定とは限らないことに注意が必要です。また、株価は日々変動するので、配当利回りは絶えず変化します。

配当利回りの活用(視点と狙い目)

配当利回りは、直接株主に還元されるリターンの割合を示したものであり、成長性にあまり期待できない企業については、安定配当が多く、また比較的利回りが高いことから、一つの有効な投資指標となります。一方で、成長性の高い企業については、成長による株価上昇を期待することから、株価収益率(PER)などの方が投資指標として適切と言えます。

なお、世界的な金融不安や景気後退などで、株式相場が大きく下落した場合、配当利回りが4~5%を超える優良銘柄が出てくることもあり、長期投資の視点では一つの狙い目となることがあります。

株式市場の配当利回り

株式市場全体での配当利回りを見る場合、単純平均で算出される配当利回りに、上場株式数によるウエイトを付した「加重平均利回り」を用いるのが一般的です。また、算出にあたっては、昨今では、企業の株主還元策として自社株消却が拡大しており、より実態に近い投資指標にするため、「自社株を除く発行済株式数」で計算する方法が主流となっています。