南アフリカ共和国の基本情報

南アフリカ共和国(Republic of South Africa)は、アフリカ大陸の最南端に位置する共和制国家(英連邦加盟国)です。

1652年にオランダ人がケープタウンに入植し、1814年にオランダからの譲渡で英国領になり、その後、南アフリカ戦争を経て、1910年に英国自治領の南アフリカ連邦として独立しました(1961年に共和国となる)。

現在、南アフリカは、アフリカ最大の経済規模を誇る新興国であるほか、世界的に金やプラチナ、ダイヤモンド、ウラン、鉄鉱石、石炭などの鉱物資源にも恵まれており、また他のアフリカ諸国と比べて産業も発達しています。

その一方で、1994年にアパルトヘイトが撤廃されたものの、未だに黒人層の貧困や高失業率など、人種間の社会経済格差の是正が大きな政治的課題となっています。

南アフリカのメモ

・金やプラチナなど鉱物資源が非常に豊富である
・美しい大自然に恵まれ、観光資源も豊富である
・アフリカの中で裕福な国であり、インフラ整備も進む
・世界的な自動車メーカーが生産拠点を設けている
・安価で品質の良いワインの産地としても有名である
・貧富の差が激しく、社会面は不安定(治安は悪い)
日本との貿易も大きく、経済関係は意外と深い
・デ・ビアスはヨハネスブルクに本社を置くダイヤモンド大手

南アフリカの概要

国名 Republic of South Africa
面積 122万平方km(日本の約3.2倍)
人口 5,931万人(2020年)
首都 ブレトリア
民族 黒人、白人、カラード、アジア系
言語 英語、アフリカーンス語、バンツー諸語 他
通貨 南アフリカランド
宗教 キリスト教、ヒンズー教、イスラム教 他
政治体制 共和制
主要産業 農業、鉱業、工業、サービス
主要輸出品目 金、希金属、鉱物製品、化学製品、食料品類、自動車類
主要輸入品目 食糧品類、鉱物製品、機械製品、自動車類、化学製品、繊維製品
主要輸出相手国 中国、米国、ドイツ、日本、インド、ボツワナ
主要輸入相手国 中国、ドイツ、米国、インド、サウジアラビア、日本
備考 アフリカ諸国で唯一のG20メンバ-国

金融経済データ集

カテゴリー

スポンサーリンク