ほっとダイレクト

ほっとダイレクトは、かつて存在した、野村グループ野村證券の店舗を持たない1支店(ほっとダイレクト部)です。ダイレクトチャネルの一つで、店舗を持たないこと、専用のコールセンターとインターネットで顧客対応をすること、日本全国の顧客を対象にしていることが大きな特徴となっていました。

目次:コンテンツ構成

ほっとダイレクトの事業概要(終了)

ほっとダイレクトは、野村證券において、ほっとダイレクト部が管轄する、日本全国の顧客を対象としたダイレクトチャネルでした。

運営当時、ほっとダイレクト部に口座開設をすると、専用サイトで顧客のライフプランや投資に役立つ情報を提供すると共に、野村ホームトレードでの取引が利用できました。また、専用のコールセンターでは、専任のオペレーターが取引や手続に対応するほか、操作方法など、顧客の問合せに分かりやすく返答していました。

2013年1月4日に野村證券がWebサイトをリニューアルし、本・支店の野村ホームトレードと共通化したことにより、ほっとダイレクトの専用サイトは終了し、以降は「野村ホームトレード(現・オンラインサービス)」に一元化されました。

名称 ほっとダイレクト
運営会社 野村證券株式会社
運営終了 2012年12月末(2013年1月から野村ホームトレードと一元化)
事業内容 店舗を持たない1支店(専用コールセンターとインターネットで顧客対応)
取扱商品 株式、投資信託、債券、預金、積立て倶楽部

ほっとダイレクトの主な特徴(終了)

その昔、野村證券の「ほっとダイレクト」には、以下のような特徴がありました。

・店舗はないが、「ほっとダイレクト専用コールセンター」と「野村ホームトレード」で顧客の注文や問い合わせに対応
・コールセンターは、平日の日中はもちろん、平日夜間や土日も、顧客からの電話を受付
・本支店の店頭での手数料と比較し、独自の割引手数料を設定
・日本の証券会社で初めて最高水準の安全性を実現する「ワンタイムパスワード」による認証システムを導入
・ニックネームとパスワードで、資産の残高照会、顧客情報の参照・変更等が手軽にできるマイページ機能を装備
・QUICK<野村版>、日経テレコン<野村版>などのマーケット情報や豊富なアナリストレポートなど、野村ならではの投資情報を提供
・ライフプランを実践するための様々なコンテンツやツールを提供

金融ブランド事典

カテゴリー