あるじゃん

あるじゃんは、かつては、月刊の金融情報誌(マネー雑誌)でしたが、現在は、All About マネーの1コーナーとなっています。

当初の発行元はリクルートで、1995年に創刊され、その誌名は、フランス語で「お金」を意味する"Argent"に由来し、また「わかる!選べる!ふやせる!お金マガジン」をキャッチフレーズとしていました。

目次:コンテンツ構成

あるじゃんの変遷(雑誌からネットへ)

マネー雑誌の「あるじゃん」は、1995年から2007年までは、リクルートが編集・発行・販売を行い、また2007年から2012年までは、オールアバウトが編集・発行し、リクルートが販売を行っていました。

時代の変化の中で、あるじゃんは、2012年1月21日発売の3月号をもって休刊し、情報提供を紙媒体からネットへと移行し、生活総合情報サイト「All About」において、初心者向けに、お金の貯め方・備え方・増やし方を分かりやすく解説する「お金マガジン あるじゃん(WEB版あるじゃん)」となりました。

その後、独自コンテンツも終了し、現在は、All About マネーにおいて、特集・連載一覧のコーナーとなっています。

※オールアバウトは、生活総合情報サイト「All About」を運営しており、2007年4月に同社の主要株主であるリクルートから「あるじゃん」を事業譲渡された。

あるじゃんの発行当時(雑誌)

あるじゃんは、発行当時、30代~40代をメインターゲットとし、「5年後に差がつく家族のお金情報誌」を基本コンセプトに、家族の末永いHAPPYに必要なお金情報を届ける情報誌として、他のマネー雑誌が資産運用や投資に重点を置く中で身近なお金情報を幅広く取り上げ、独自のポジションニングを行っていました。

具体的には、出産や住宅購入などで「お金」に対する関心が一気に高まった層にアプローチすると共に、まだ「お金」に対する関心が高まっていない層に対しても、教育費増や住宅ローン返済、老後など、将来の危機に対する気づきを提供し、また懸念点や不安要素を前向きに解消する方法を紹介し、より良い「家族のお金」計画に最適な商品情報などを比較検討して行動できるようにしていました。

雑誌名 あるじゃん
発行会社 株式会社リクルート(1995-2007)
株式会社オールアバウト(2007-2012)
発行形態 月刊雑誌:発行日<毎月21日>
創刊-休刊 1995年5月-2012年1月
内容 個人向け金融情報誌
現状 All About マネーの1コーナー(特集・連載一覧)

金融ブランド事典

カテゴリー