MONEY JAPAN(マネージャパン)

MONEY JAPAN(マネージャパン)は、1985年から2009年まで、角川グループの角川SSコミュニケ-ションズ(現・KADOKAWA)が発行していた、月刊の金融情報誌です。

1985年に創刊され、当初の発行元は西武タイム(セゾングループと米タイム社の合弁会社)で、「Money 日本版」という位置づけでスタートし、日経マネーと並ぶ、マネー雑誌(投資情報誌)のパイオニアでした。

発行当時、マネージャパンの内容は、資産運用を考える全ての人に向けて、殖し方や守り方の基本から、最新の商品情報やテクニックまで、超一流の経済人やエコノミストなどの運用アドバイスを交え、わかりやすく解説していました。

しかしながら、時代の変化の中で、2009年4月21日発売の6月号でついに休刊し、創刊から約24年後にその幕を閉じることになりました(休刊時の発行部数は約13万部)。

◎休刊の主な要因として、広告収入の減少があったが、一方でインターネットの普及等で即時性のある投資情報が求められるようになり、月刊誌のスタイルが時代に合わなくなったことも要因としてあった。

◎2009年5月以降は、紙媒体(雑誌)から「メールマガジン(Daily MONEY JAPAN)」を中心とした媒体に変更されたが、それも2015年4月を以て終了した。

雑誌名 MONEY JAPAN
発行会社 角川・エス・エス・コミュニケーションズ
発行形態 月刊雑誌:24年間の歴史を閉じて休刊
創刊 1985年(昭和60年)
休刊 2009年(平成21年)
内容 個人向けマネー情報誌 → 日刊メルマガ(終了)
Web媒体 MONEY JAPAN WEB(現在、存在せず)

金融ブランド事典

カテゴリー