陽の極線

【読み方:ようのきょくせん、分類:ローソク足】

陽の極線は、実体部分が小さく、かつ上下に短めのヒゲ(影)が出ている陽線をいいます。

小陽線の一つで、その形から「陽のコマ」とも呼ばれ、期間中の値幅が小さく、相場の様子見姿勢や気迷いを示唆するものであり、チャート上で出た場合は、少し様子を見るなど注意しましょう。

陽の極線(コマ)の例

金融知識ガイド

テクニカル分析用語集