陽の寄り付き坊主

【読み方:ようのよりつきぼうず、分類:ローソク足】

陽の寄り付き坊主は、「陽の寄付き坊主」とも表記され、陽線のうち、下ヒゲのない大陽線のことをいいます。

下部にヒゲがないことに由来する呼称で、その日の始値安値が同値となり、買い圧力が優勢で、相場の始めからほぼ一本調子で値を上げて高値をつけ、若干戻して終わったことを示します。

陽の寄り付き坊主の例

一般に陽の寄り付き坊主は、基本的には市場参加者の強い期待感を表し、市場心理としては「買いの姿勢(強気)」が持続されることが多いです。

一方で、相場の上昇の一服を表すこともあり、特に高値圏で出現したり、上ヒゲが長かった場合には反落の可能性もあるので、相場の流れ(チャート)の中で見極めた方がよいでしょう。

金融知識ガイド

テクニカル分析用語集