納税証明書

【読み方:のうぜいしょうめいしょ、分類:書類】

納税証明書は、個人または法人に対して、住所地(納税地)を所轄する税務署や税事務所で交付される、納税関連の証明書をいいます。これには、使用目的に合せて、以下のような種類があります。

・各税目についての証明書(納付すべき税額、納付した税額及び未納税額等の証明)
・所得金額の証明書(個人や法人の所得金額の証明)
・未納のない証明書(証明日現在で未納税額がないことの証明)
・滞納処分を受けたことがない証明書(証明を受けようとした期間において滞納処分を受けたことがないことの証明)

一般に納税証明書は、使用目的(融資・担保、入札参加資格申請、許可申請等)や提出先によって、必要な証明書の種類が変わるため、その取得の際には、事前に提出先へ確認した方が良いでしょう。

なお、証明書の交付にあたっては、本人または委任状のある代理人が請求し、その際に所定の手数料がかかります。

金融知識ガイド

税金用語集