後配株式(後配株)

読み方: こうはいかぶしき
英語: Deferred Stock
分類: 株式区分

後配株式(後配株)は、「劣後株式」とも呼ばれ、通常の株式(普通株式)よりも、配当や残余財産分配権などが制限されている株式をいいます。

種類株式の一種で、利益配当や残余財産分配などへの参加順位が普通株式より劣位にある株式となっており、基本的に引き受け側にはメリットがないため、通常は、経営者や経営陣などに対して発行されます。

※種類株式:普通株式とは権利内容が異なる株式。

一般に後配株は、会社が新株を発行する際に旧株配当を低下させないために、一定期間、新株を後配株としたり、あるいは既存株主の利益を損なわずに資金調達を行なければならない場合などに後配株とすることがありますが、実際に発行されるケースは非常に稀です。