買い場

読み方: かいば
分類: 視点

買い場は、マーケット全般で使われる用語で、買いを出すにあたっての好機(良いタイミング)、または良い相場水準(良い価格)のことをいいます。

一般に相場においては、買うタイミングや価格水準が重要であり、後からチャートを見てみると、絶好の買い場()があるのが分かります。しかしながら、現実には、それを見極めるのは非常に難しく、いかに買い場の近辺で確実に買えるかが、実際の売買差益を得る上でのポイント(勝負)になります。また、買い場だと思って買っても、さらにもう一段階下落することもよくあり、何回かに分けて買うなど買い方にも工夫が必要です。ちなみに、相場が過熱してきた時は、往々にして高値づかみをすることが多いのでご注意ください。

なお、買い場に対して、売りを出すにあたっての好機(良いタイミング)、または良い相場水準(良い価格)のことを「売り場」と言います。

<本用語の使用例>

・最近の下げで買い場が到来したと判断した投資家の買いが入った
・110円を割れたドル/円の水準は個人投資家にとって買い場と映っている
・上昇は直線的でないことが予想されるものの、長期投資家は下落局面を買い場として利用することが可能だろう