夏枯れ相場

読み方: なつがれそうば
分類: 相場

夏枯れ相場は、「夏枯れ」とも呼ばれ、主に株式や商品先物などの相場で使われる用語で、夏期において、マーケット(市場)の取引高が減少し、相場があまり動かなくなることをいいます。これは、夏(7-8月頃)になると、海外では夏季休暇、日本ではお盆休みや夏休みと時期が重なることから、市場参加者が減少することで取引高(商い)が減ってしまい、小幅の往来相場になることを意味します。

なお、夏枯れ相場では、時として、ちょっとした材料に敏感に反応したり、投機筋が市場の隙を突いて仕掛けたりするこもあるので、リスク面では注意が必要です。

<本用語の使用例>

・足元の東京市場は、既に夏枯れ相場であり、実需の買い板が薄い状況となっている
・目立った材料が見つからないことから、商いも膨らまず、市場では早くも夏枯れ相場に突入するのではないかとの声も出ている