底値

読み方: そこね
分類: 値動き

底値は、「」とも呼ばれ、マーケットにおいて、下げ相場における安値水準(当面の一番安くなったところ)をいいます。これは、相場が下落している状態の時に使われ、その種類には、一番底、二番底、三番底、大底などがあります。

一番底:最初の安値
二番底:一番底よりさらに低い水準でつけた安値
三番底:二番底よりさらに低い水準でつけた安値
大底:チャートから見て最も低い水準でつけた安値

<本用語の使用例>

・上海総合指数は年初来安値を更新し続け、底値が見えない状況だ
・現在の株価水準は、世界的に見ても売られすぎて底値圏にあると考えられる
・売り込まれていたエネルギー関連株も底値に達した可能性があるとの見方から買われた