給与振込(給振)

読み方: きゅうよふりこみ
分類: 為替取引

給与振込は、「給振」とも呼ばれ、勤務先からの給与(給料)が給料日に指定口座に振り込まれることをいいます。また、給与振込口座の指定は、金融機関にとっては、顧客(個人)のメインバンクとなって、幅広い取引につながる可能性があるので、各種特典を用意しているところもあります。

給与振込の意味(支給側)

給与振込は、支給する側の企業や官公庁などの勤務先に対しては、銀行や信金、信組、労金、農協などの金融機関が提供する振込サービスの一つで、従業員等の給料を指定日に一括して振り込むことを意味します。

給与振込の処理と引き出し

金融機関では、給料日前日の深夜には給振処理を行うので、給料日当日の金融機関の窓口が開く時間やATMが稼働する時間には給料が引き出せるようになっています。

◎インターネットバンキングの場合、当日の午前0時を過ぎた時点で情報が更新され、引き出せる状態になっているのが普通。また、24時間営業のATMの場合も同様。

◎給料日が土日祝日の場合は、前営業日に振り込まれることが多い。