複利

読み方: ふくり
英語名: Compound interest
分類: 金利・利息

複利は、「重利」とも呼ばれ、金利(利息)の計算方法(表示方法)の一つで、一定期間毎に利息元本に組み入れ、その元本に対して利息が計算されるもの(利息が利息を生むもの)をいいます。これは、利息の再投資リターンも考慮する方式で、元本に利息が加えられる期間によって、1カ月複利、3カ月複利、半年複利、1年複利などがあります。また、複利に対して、当初の元本に対してのみ、利息が計算されるものを「単利」と言います。

例えば、元本100万円に対して、1年複利で2%の運用を5年した場合、各年の元利合計は、
 ・1年目:1,000,000×1.02=1,020,000円
 ・2年目:1,020,000×1.02=1,040,400円
 ・3年目:1,040,400×1.02=1,061,208円
 ・4年目:1,061,208×1.02=1,082,432円
 ・5年目:1,082,432×1.02=1,104,080円
となります。

一般に単利と複利を比べた場合、複利は「利息が利息を生む」ことから、最終的な利息総額は複利の方が多くなり、長く運用するほど複利効果が大きくなります。

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。