家賃債務保証会社

読み方: やちんさいむほしょうがいしゃ
分類: 賃貸

家賃債務保証会社は、「家賃保証会社」や「賃貸保証会社」とも呼ばれ、賃貸マンションやアパートなどの賃貸住宅の契約時に必要な賃借人(借主)の連帯保証人を代行する会社をいいます。これは、賃貸住宅の借主との間で保証委託契約を締結する会社で、家賃保証の専業会社や信販会社、不動産会社、宅建業者などが手掛けていることが多いです。その仕組みは、借主が家賃を滞納した際に、保証会社が連帯保証人と同様、家賃の立て替えを行います。また、借主が保証会社に対して、契約料の他に毎年保証料を支払う方式が主流で、保証会社が立て替えた家賃は借主が支払う必要があります。

一般に家賃保証会社は、何らかの事情で連帯保証人が立てられない場合でも、保証会社を利用すれば、借主の収入や社会的信用で賃貸住宅を借りられると共に、貸主にとっては、借主の家賃不払リスクを軽減できるというメリットがあります。その一方で、借主には家賃の他に保証料の支払いという負担が発生し、また何らかの事情で家賃を滞納した場合は、従来の貸主自身や不動産管理会社と比べて、保証会社の方が取り立ては厳しくなりがちな側面もあります。