壁芯面積

読み方: へきしんめんせき
分類: 建物

壁芯面積は、建物の床面積を計算する方法の一つで、壁厚の中心線(部屋を真上から見て壁の厚みの半分の所を通る線)に囲まれた部分を計算した床面積をいいます。

通常、鉄筋コンクリート造のマンションの場合、床面積を計算する際には、壁の内側だけの実際に使用できる部分の面積である「内法面積」と、壁の中心線で囲まれた部分の面積である「壁芯面積」の二つの方法があります。

壁芯面積の例

建築基準法では、床面積は壁芯面積を指すため、不動産の広告やパンフレットなどに記載されている建物面積専有面積は、壁芯面積で表示されている。

◎マンション等の区分所有建物では内法面積で登記されるため、広告やパンフレットなどの専有面積より、実際の登記面積(利用面積)はやや狭くなっている。