マスタートラスト

読み方: ますたーとらすと
英語名: Master Trust
分類: 年金運用

マスタートラストは、複数の年金制度や複数の運用機関を一元的に管理するサービスをいいます。これは、効率的な資産管理を行うために、米国で発展した年金基金の運営・管理の仕組みで、年金基金が特定の信託銀行(マスタートラスティ)と単一の信託契約を結ぶものです。

一般にマスタートラストでは、複数の運用機関に分散して委託されている年金資産を、特定の信託銀行が一元的に集中管理し、その他の様々な付加的サービスと共に提供する仕組みになっています。通常、年金資産の現物管理(有価証券等の保管・決済)、資金決済、会計報告、統一的なレポーティングなどが中心となりますが、これ以外にも年金基金のニーズに応じて、有価証券貸付、運用パフォーマンス評価、約定執行モニタリング、リスク管理などを行う場合もあります。

現在、日本でのマスタートラストの取り組みについては、大手の金融機関において、出資する系列の資産管理銀行(日本トラスティ・サービス信託銀行、資産管理サービス信託銀行、日本マスタートラスト信託銀行など)がその役割を担っています。