障害一時金

読み方: しょうがいいちじきん
分類: 年金|給付

障害一時金は、共済年金の組合員である間に初診日がある公務によらない傷病により退職した場合、障害共済年金が支給されない障害等級3級未満の一定の障害状態にある時に、共済組合から支給される一時金のことをいいます。また、労災保険においては、通勤災害に対して給付される障害給付の一つで、障害の程度が比較的軽い場合(障害等級の第8級~第14級)に支給されるものをいいます。

<共済年金の障害一時金の支給条件>

(1)組合員である間に初診日のある公務外の傷病(公務または通勤によらない病気やケガ)により、障害共済年金が支給されない程度の一定の障害状態にある人が退職した時
(2)障害共済年金の受給権者が、障害等級3級までに該当しなくなり、年金の支給を停止されている間に退職した時
(3)退職後、初診日から5年以内に(1)と同様の障害状態になった時

※他の公的年金を受けることができる時、および災害補償法による通勤災害の補償がある時は、障害一時金は支給されない。