プラスアルファ部分

読み方: ぷらすあるふぁぶぶん
分類: 厚生年金基金

プラスアルファ部分は、厚生年金基金の給付のうち、代行部分に上乗せする独自給付の部分をいいます。これは、代行給付と一体化して給付する「基本プラスアルファ部分」と、退職一時金制度に移行するなど独自に設計した給付である「加算部分」の二つに分類されます。

また、基本プラスアルファ部分の上乗せ給付には、金額の上乗せの他に、老齢厚生年金が支給されない場合に代行給付相当額を支給すること(独自給付)も含まれています。

※代行部分:厚生年金基金が国に代わって給付を行う部分

◎厚生年金基金は、企業年金の一つで、厚生年金の一部を代行して給付すると共に、基金独自の年金をプラスアルファして給付する、企業や団体(業界)を母体として設立された特別法人。

◎2014年4月に「公的年金制度の健全性及び信頼性の確保のための厚生年金保険法等の一部を改正する法律」が施行され、厚生年金基金は新設できなくなると共に、2024年までに原則廃止されることになっている。