ドットプロット/ドットチャート

英語名: Dot plot/Dot chart
分類: マーケット|金融政策

ドットプロット(ドットチャート)は、日本語で「金利予測分布図」や「点図表」とも呼ばれ、米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に公表される政策金利見通しのことをいいます。これは、FOMC参加者によるFFレート(政策金利)予測のドット(点)を分布したチャートで、その特徴として、点を時系列で結ぶと将来予想される政策金利の経路が線として浮かび上がります。(2012年1月から四半期毎に公表)

一般にドット・プロットは、FRBの意図をマーケットに伝える有力な手段とされていますが、その一方で、予想が匿名で議長のドットが特定できず、また新たな経済データの発表があれば陳腐化してしまうという問題点を抱えます(予測の精度はあまり高くない)。さらに、マーケットの見通しと異なるケースが多々あるため、代償を伴いかねないコミュニケーションギャップが生じることもあります。