NYSE Arca

読み方: えぬわいえすいーあーかー
分類: 取引所(米国)

NYSE Arcaは、アメリカ合衆国に本拠を置くインターコンチネンタル取引所(ICE)が所有する、株式等の電子取引所をいいます。これは、上場投資信託(ETF)の取引において、米国でトップの取引所で、現在、8,000を超える米国上場証券を電子的に取引できる市場となっています。

目次:コンテンツ構成

NYSE Arcaの前身(Arca Ex)

NYSE Arcaの前身は、1997年に事実上の認可を受けた最初のECN(オークション方式で株式を取引する電子取引システム)の一つである「アーキペラゴ(Archipelago)」です。

2000年にアーキペラゴECNは、パシフィック取引所(PCX)と提携し、取引所化の道を歩み始め、2005年にPCXを買収して傘下に収め、「アーキペラゴ取引所(Arca Ex)」と改称しました。

NYSE Arcaの発足(NYSEと合併)

2006年にArca Exの持株会社であるアーキペラゴ・ホールディングスがニューヨーク証券取引所(NYSE)と合併し、NYSEグループが発足したことに伴い、現名称である「NYSE Arca」に変更し、グループ傘下の電子取引所として、NYSE本体から独立して運営されました(上場基準は、NYSEのメインボードと比べると緩やかだった)。

その後、2007年にNYSEグループとユーロネクストが合併して、NYSEユーロネクストが発足しました。

NYSE Arcaの現在(ICEの傘下)

2013年にNYSEユーロネクストがインターコンチネンタル取引所(ICE)に買収されたことで、NYSE ArcaはICEの傘下となりました。

NYSE Arcaの位置づけ

現在、ICEの取引市場(NYSE)の中で「Arca」と名が付くものは、「NYSE Arca Equities」と「NYSE Arca Options」があります。

※2014年にICEが収益性の高いデリバティブ取引に経営資源を集約するため、現物株取引主体のユーロネクストをスピンオフ(分離・独立)。