EBS

読み方: いーびーえす
英語: Electronic Broking Services
分類: 取引所(システム)

EBSは、米国の取引所運営会社のCMEグループが提供する、外国為替取引の電子ブローキングサービスをいいます。

電子ブローキングとは、コンピュータシステムが取引を仲介するブローキングをいい、電子情報端末を通して入力された取引金額や取引条件について、コンピュータが売り手と買い手の注文を瞬時に付き合わせ、取引を成立させるものです。

現在、EBSは、外国為替取引の電子ブローキングで世界最大のシェアを占めており、外国為替市場の中核に位置しています。

<EBSの沿革について>

◎1990年にEBSは、ロイターに対抗するため、銀行グループによって「EBS社(Electronic Broking System)」として設立された。

◎2006年にEBS社は、世界最大のインターディーラーブローカーであったICAPに買収された。

◎2018年にEBSを有するNEXグループ(旧・ICAP)は、取引所運営会社のCMEグループに55億ドルで買収された。

※NEXグループ:スポットFXや貴金属、NDF(ノンデリバラブル・フォワード)、NDS(ノンデリバラブル・FXスワップ)などの世界有数のECN(Electronic Communications Network)業者の一つだった。