デポジットディーラー

読み方: でぽじっとでぃーらー
分類: マーケット|市場参加者

デポジットディーラーは、金融機関(銀行)のマーケット部門に所属するインターバンクディーラーの中で、金利取引を専門に行っている人のことをいいます。また、インターバンクディーラーとは、インターバンク市場(銀行間取引市場)で取引を行うディーラーのことをいいます。

一般にデポジットディーラーは、金利を取引することにより収益を上げる役割があり、日本の銀行では、円やドルの金利先物取引やスワップ取引などを行うことが多いです。また、自分の相場観で売り・買いのポジションを作って勝負するのが仕事であり、特に金利予想と時間軸が大きなカギとなります。なお、取引にあたっては、損失限度額や持ち高限度額などが内部規則により厳しく管理されています。