新値

読み方: しんね
分類: マーケット|値段

新値は、マーケット全般で使われる用語で、過去の高値または安値を超えた値段を付けた際に、その値段(価格)のことをいいます。これは、それまでの高値を超える高値、または安値を下回る安値のことであり、新しい高い値段を付けた時は「新高値」、新しい安い値段を付けた時は「新安値」といいます。また、その時の足を「新値足」、相場が新値を付けることを「新値を切る」といいます。なお、株式市場では、上場来、昨年来、年初来、権利落ち後などの用語と一緒に使われることが多いです。

一般に新値は、それまでの高値または安値の更新であることから、相場においても重要な意味を持ちます。通常、それまでの高値や安値は抵抗値(中々突破てきない価格)になるため、新高値ならさらに上昇することが期待され、一方で新安値ならさらに下落することが予想されます。また、いったん抵抗値を突破した場合、しばらくは、その方向に進み続けることが多いです(新値更新が何度か続く)。