ロンドン国際金融先物取引所(LIFFE)

よみかた: ろんどんこくさいきんゆうさきものとりひきじょ(らいふ)
英語名: London International Financial Futures and Options Exchange
分類: マーケット|海外取引所

LIFFEは、"London International Financial Futures and Options Exchange"の略で、日本語では「ロンドン国際金融先物取引所」と呼ばれ、かつてイギリス(英国)のロンドンにあった、国際金融商品の先物取引所をいいます(現在は、ICE Futures Europeに統合)。その取扱商品は、短期金利長期国債株価指数通貨・コモディティ・気象などの派生商品(先物・オプション他)で、日本関連では、日本国債先物(円債先物)やユーロ円金利先物が有名でした。また、運営にあたっては、イングランド銀行の監督のもと、自主的に定められた取引所規制に基づいて行われていました。

その歴史は、1982年に米国のCMECBOTを参考として、為替や金利などのリスクを管理(ヘッジ)する手段の金融市場を提供するために、イギリスのロンドンにLIFFEが創設され、1992年にロンドン・オプション市場(London Traded Options Market)と合併し、さらに1996年にロンドン商品取引所(London Commodity Exchange)と合併しました。また、1998年に「LIFFE CONNECT」を始める前は、取引フロアにおいて、主にオープン・アウトクライ(Open Outcry)で取引されていましたが、2000年11月に電子取引システムである「LIFFE CONNECT」へ完全移行しました。

21世紀に入り、LIFFEは、2001年に欧州取引所連合のEuronextによって買収され、Euronextの派生商品取引部門がLIFFEに統合されたことで、その業容を一気に拡大し、世界でも有数のデリバティブ取引所となりました。また、LIFFEを買収したEuronextは、2007年にニューヨーク証券取引所を運営するNYSE Groupと合併したため、LIFFEの運営会社は「NYSE Euronext」となり、その名称は「NYSE Liffe」に変更されました。その後、2013年にNYSE Euronextが、インターコンチネンタル取引所(ICE)に買収され、最終的にNYSE LiffeはICE傘下の「ICE Futures Europe」に統合されました。