預託証券

読み方: よたくしょうけん
英語名: Depositary Receipt(DR)
分類: マーケット|株式市場

預託証券は、「DR」とも呼ばれ、ある国の発行会社の株式を海外(本国以外)でも流通(売買)させるための方法の一つで、簡単に言えば、企業が自国以外の海外市場で株式の代わりに流通させる証券のことをいいます。これは、株式をそのまま現地で上場するのではなく、原株は発行会社の本国で保管した上で、現地の預託機関(銀行信託銀行など)が原株を裏付けに証券(代替証券)を発行し、それを現地の証券取引所に上場するという仕組みになっています。また、原株をじかに取引するのに比べて、受け渡しなどが簡便になるという利点があります。

一般に預託証券には、発行されるマーケット(市場)によって、米国預託証券(ADR)やグローバル預託証券(GDR)、欧州預託証券(EDR)、日本預託証券(JDR)、ドイツ無記名証券(GBC)などがありますが、その中でも米国のADRが一番有名で、通常、欧州や日本、新興国等の有力企業がニューヨーク証券取引所などに上場する際に活用されています。