継続開示

読み方: けいぞくかいじ
分類: 会社・経営|ディスクロージャー

継続開示は、流通市場で取引されている有価証券の投資判断のために、発行会社が継続的に企業内容を開示することをいいます。これは、証券取引所金融商品取引所)の上場会社、募集・売出しで有価証券届出書の提出を必要とする有価証券の発行者などに対して、金融商品取引法におけるディスクロージャー制度で義務付けられているもので、定期的または臨時的に有価証券報告書や内部統制報告書、四半期報告書、半期報告書、自己株券買付状況報告書、臨時報告書などを財務局に提出するものです。

なお、開示書類については、原則として、電子開示システム(EDINET)を使用して提出され、またEDINETを通して、誰でも閲覧することができます。