内部監査

読み方: ないぶかんさ
英語名: Internal audit
分類: 会社・経営|監査

内部監査は、企業の内部の人間によって行われる監査のことをいいます。これは、企業内において、他の部署から独立した「監査課」や「監査室」といった内部監査部門が、社内ルールの順守や業務の効率化、組織内の問題、顧客への対応、リスクのアプローチ、不正の早期発見・防止などをチェックすることを指します。

一般に内部監査部門は、財務諸表の適法性をチェックする監査法人、取締役会に出席して経営全体をチェックする監査役会(統治形態によっては監査委員会など)と並ぶ、企業における三つの監査機関の一つとして位置づけられています。また、大企業においては、業務の適正確保のため、会社法などが義務付ける「内部統制システム」の運用・検証を内部監査部門が担うことも多いです。

なお、内部監査の指針となるものとして、国内基準では日本内部監査協会の「内部監査基準」、国際基準ではIIA(The Institute of Internal Auditors:内部監査人協会)の「International Professional Practices Framework(IPPF:専門職的実施の国際フレームワーク)」がありますが、日本内部監査協会がIIAの日本支部を兼ねているため、二つの基準には整合性があります。