事業継続計画/業務継続計画

読み方: じぎょうけいぞくけいかく
英語名: Business Continuity Plan
分類: 会社・経営|計画

事業継続計画は、「BCP」とも呼ばれ、甚大な災害や事故など非常事態の発生時に、企業などが重要業務をできる限り中断せずに継続させるための計画をいいます。また、政府機関や地方公共団体等の行政では、「業務継続計画」とも呼ばれます。これは、組織におけるリスクマネジメントの一つで、自然災害(大地震、台風、津波他)や大火災、テロ攻撃、新型インフルエンザの大流行、情報システムの停止・障害などの緊急事態に遭遇した場合に、事業資産の損害を最小限に抑えつつ、中核となる事業(業務)の継続や早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業(業務)継続のための方法や手段などを予め取り決めておくものです。

一般に企業や行政などの組織は、甚大な災害や事故で被害を受けても、重要業務が中断しないことや、中断しても可能な限り短い期間で業務を再開することが求められます。そのためには、しっかりとした事業(業務)継続計画を策定して、指揮命令系統の明確化やバックアップ体制の整備、即応した要員の確保、迅速な安否確認、緊急時のマニュアルといった具体的な対応を事前に準備しておくことが重要となります。なお、企業においては、事業が長時間止まると取引先が困るだけでなく、マーケットにおけるシェアが下がったり、信用が低下したり、損失が発生したりするリスクがあり、これを防ぐためにも事業継続計画を策定することは非常に重要な課題と言えます。

<事業継続計画策定の手順例>

1.対象災害の設定
2.影響度の評価
3.停止期間と対応力の見積もり
4.再開する重要業務の絞り込み
5.目標復旧時間の設定
6.その場合の被害の想定
7.アクションプランへの落とし込み