ワンマン経営

読み方: わんまんけいえい
分類: 会社・経営|概念

ワンマン経営は、社長会長などの経営者が独断で経営を行うことをいいます。これは、他の役員や社員などの意見を全く聞かず、独裁的な経営を行うことであり、主にオーナー系の会社によく見られます。また、ワンマン経営を行う人を「ワンマン社長」や「ワンマン経営者」と言います。

一般にワンマン経営では、経営者にカリスマがあり、非常に有能な場合は、会社が急成長したり、業績が大きく伸びたりすることもありますが、一方で経営面で問題(綻び)が発生した場合は、独断専行のため修正ができず、業績を大きく悪化させたり、時には会社を破綻させることもあります。