利潤証券

読み方: りじゅんしょうけん
分類: 会社・経営|株式

利潤証券は、株式の機能的側面の一つで、株式を保有することにより、企業の利潤を受けることをいいます。

一般に企業の所有者は、出資者である株主であるため、企業の利潤(配当)を受ける権利(利益配当請求権)は株主に帰属することになり、本機能に注目したのが「利潤証券」としての側面です。また、上場企業の株式では、配当(インカムゲイン)以外に、値上がり益(キャピタルゲイン)も利潤と捉えることが多いです。

なお、上場企業の株価は、基本的に利潤証券・支配証券・物的証券の3つの側面に基づいて形成されますが、企業が永続して生産活動を行うことを前提とし、かつ、その企業を経営することが利潤面以外で利益や満足感を生むことのない企業の株価形成においては、特に「利潤証券面」が重要な役割を果たすことになります。